時短家事は家事の考え方を変える

>

時短家事は賢い家事

習慣にして楽する家事

家事の負担軽減にするには出来る事から習慣付けが大事です。大変・面倒と思う事を毎日できるでしょうか。
長続きしません。時短家事は手を抜いてる訳ではありません。最近ではいつも決まった事をする事をルーティーンと言います。家事にも利用していいのです。食事の片付けが終わったら、ガスコンロ周りをサッと拭く・テレビのリモコンは使ったら元の場所に戻す・お風呂から出る時洗面器の水切りで立掛ける・歯磨きをしたら洗面ボールを拭く。ちょっとした事に見えますが、時短家事にする事になります。
一度にやろうとすると時間・労力がいります。時短家事は嫌にならないように工夫する事です。習慣にしていくと自然にできるようになり、負担軽減・時短家事になります。

時短家事の見つけ方

面倒だなと思った時・無駄ではないかと思った時が時短家事に切り替えるタイミングです。
いきなり時短家事にしたいと言っても面倒・無駄と感じなければ解決策がわかりません。どんな動作が面倒・無駄なのか、それには何か必要な事があるのか考えるようになります。何をやるといいか色々試してみると楽しくできます。家事は実験と同じです。試してみて良ければ継続して、思わしくなければ他の方法を考えます。楽しく家事に取り組む事になります。
いつも時間がない、出来ないと思っているとイライラしていて自分は出来ない人間だとマイナスな考えばかりになってしまいます。家事効率が上がれば時間に余裕ができます。物事をしっかり見つめて考えるようになり、心にもゆとりができます。


この記事をシェアする